お疲れ関連

疲れてしまったあなたへ…もしかしたら効くかもしれない5つの処方箋

こんにちは、なみきです!

6月7月と、今年は梅雨が長めに続いた影響もあるのでしょうか…心身ともにバテ気味なのですが…みなさんは大丈夫ですか。

今回は今の私のように「ちょっと疲れた」方、もしくは日頃から「疲れやすい」方に向けて、私が実践して効果のあったこと、もしかしたら役立つかもしれないライフハックをまとめたいと思います!

つかれよつかれよとんでいけ!!!

まずは疲れを認めることから

私は物心ついたときからとにかく気疲れしやすく、自分のことをポンコツ扱いしてきました。一日働いたり遊びに行って帰ってきたときなど、すぐに動けなくなります、マジで。

なみき
なみき
むしろ横向きの状態が私の基本姿勢なのでは…???

それは大人になってからも相変わらず。こうしてちょっとしたことで疲れてしまうことにいつも嫌気がさしていたのですが、そうやって自分を責めることで…なんと更に消耗してしまうのです。毎日がダブルポイントデー。これってめちゃくちゃ損ですよね。

自分に優しくすることはなかなかできないけれど、私と同じような人がいたら「おつかれさまです」と声をかけてあげたい…そして、「自分は疲れやすいタイプだ」とまずは認めることで、適切な動き方ができるかもしれないですよね、などとアドバイスしたい。ちょっと燃費がよろしくないタイプなだけなんですよね…たぶん。

最近よく聞くようになった『HSP(ハイリーセンシティブパーソン)』という言葉がありますが、疲れやすい方はもしかしたらそのタイプなのかもしれません。

先日この本の内容についてオリラジの中田さんが解説している動画を見て思わず笑ってしまいました…中田さんが例えで演じている人物がまさに自分すぎて。こうやって笑いに変えてもらえると気が楽になりますよね。

「私はHSPなので配慮をお願いしまーす!!!」と印籠のごとく掲げるのではなく「他にもおなじタイプの人がたくさんいるんだ」とお守りのように持ち歩くような姿勢がいいなと、個人的には思っています。

なみき
なみき
ちがうんですちがうんです…気ぃ遣ってくれとか思ってるわけじゃないんです…!!

余談ですが、完璧な美人顔よりも、どこかバランスの崩れたところこそが人の心を掴む…とどこかで聞いたことがあります。欠点こそが、その人らしさ。自分から見たどうしようもないところも人から見たら魅力かもしれない…私たち、もはや魅力だらけではありませんか!?

さてさて本題!!疲れやすいあなたに役立つかもしれない処方箋です。長くなってしまったので、よかったら目次から気になるところだけタップしてお読みくださいね。

疲れやすいあなたへの処方箋

さて、疲れやすいあなたに。

世の中のすべてのことに疲れやすい私が効果的だと思った対策をご紹介したいと思います!

元ネタが古すぎてもはや誰もわからないのでは…。

SNSとの距離を取る

まずいちばん自分に必要だと思ったのがこれ。自分の気持ちを気軽に書き留めたり、世の中のさまざまな話題が無限に流れてきて楽しいTwitterに私はハマっていたのですが…娯楽も度を超えれば毒。この趣味が知らず知らずのうちに心を消耗させていたと思います。

なぜかというとSNSって…人間関係なのです。自分がなにか書き込めば人の目に触れるし、ただ見ているだけでもいろいろな人の話を入れ替わり立ち代わり大量に受け取ることになります。親しい人の投稿を見たら、リアクションしなければと思ってしまったり。

本来ゆっくりとした自分の時間があったはずの家時間も、SNSを通じて隙間なく人間関係が続いているんですよね…。私の場合も毎日ちょこちょこと覗いてしまっていて、気がつけば一日に合計数時間もSNSにどっぷり。そりゃ疲れるわ!という話で。

最初はスマホの長時間利用がいけないのでは?と思い、スマホをなるべく触らないルールを自分に課しました。でもスマホって便利じゃないですか。お天気を調べたり、連絡をとったり、なにかとスマホを触っては自己嫌悪…これでは本末転倒。

しかしよく考えたら、いちばん時間を割いていたのはSNSだったのです。SNSを見るのを朝昼晩のみに限定することで結果的にスマホ時間が大幅に減りスマホ自体を悪者にしなくてよくなりました。また、自分を責める機会も減りました。

先程「SNSは人間関係」と言いましたが、やっぱりなんだか人恋しいときってありますよね。そういうときにオススメなのが、もう少しゆったりとした、関係ない人を見るだけの時間です。なるべく人間関係と距離を置きつつ、都合よく人の温もりに触れる。

余談ですが、昨今人気のメディアであるYouTubeですが、その人気の秘密は都合のいいときだけ会いにいける友達のような存在だからでは…と思っています。もう人類は、お友達でさえ自己完結しようとしているのかもしれません…。

脱線しましたが、入れ替わり立ち代わり形式のSNSではなく、一人の人と会うような感じでお気に入りのYouTubeチャンネルやブログを訪れてみてはいかがでしょうかという提案でした!

そんなとき私のブログを覗いてもらえたら嬉しいのですが、まだまだコンテンツ不足。私の好きな、癒やし効果のあるブログをいくつかご紹介したいと思います。

・日っころがし手帳

Twitterで多くの人に支持されているたけのこスカーフさん、その優しいイラストだけでなく素朴な視点で紡ぎだされる文章が形作る世界観に、ぜひぜひ癒やされてくださいね。

・外の音、内の香

本屋さんで書籍を拝見してブログにたどり着きました。一田憲子さんの視点でゆったりと暮らしを、人生をみつめる姿勢。私もこんな素敵な大人になりたいものです。

・ぱおぱおアイランド

「ぱおぱおアイランド」…もうタイトルから沸き立つ心を止められません。いい意味で肩の力の抜けたイラストでパオパオさんらしいコミックエッセイが綴られており、ものすごいセンスを感じます。

そういえば私、いつもストレスがたまったときにギャグ漫画を読んでいました。笑うと肩の力が抜けて、なんだかホッとするんですよね。

なみき
なみき
こちら私が高校生のときから好きな漫画です。「騙されたと思って読んでみて!」と言われ友達の布教を受けたのがきっかけで、それから私の一生モノになってしまいました。

本にもブログにも、人のぬくもりがあります。動画や音楽もそうかもしれませんね。「寝室に人間関係を持ち込むな」とどこかで聞いたことがありますが、眠る前に人恋しいときなどは、めまぐるしいSNSではなくゆったりとした関わりがおすすめです。

自分のペースを再確認

マイペースに生きているだけで後ろ指さされる現代。日々、せわしなくニュースが流れ込む情報社会…NHKスペシャルか!?

これだけ隙間なく生きることがヨシとされていると、息つく間もなく過ごしている人も多いのではないかと思います。

なみき
なみき
ちゃんと眠っていても、心が回復する隙がなく疲れが蓄積していることも…もしよかったら下記のようなことを意識してみてはいかがでしょうか。

・ちゃんと深い呼吸をしているか

人は集中していると、まばたきや呼吸を忘れがちだそうです。全身の換気をするように、ゆっくりと深い呼吸をしてみましょう。

・肩に力が入っていないか

真面目な人ほど気がつけば肩に力が入っています。体が凝り固まってくると心も硬くなります(私調べ)。ストレッチをしたり、人がいないところで白目をむいたりしてみましょう。

・人のペースを基準にしていないか

しんどいな…と思うときは自分のペース以上に動いているときです。他の人だったらもっとできるのに…という考えは一旦脇に置き、自分という企業の社長のつもりで脳内ミーティングを開いてみましょう。おそらく社員達から不満があふれるので耳を傾けてみましょう。

・平安貴族のようにゆったりと動く

行動のペースだけでなく、体の動きもスローにしてみましょう。イメージは平安貴族。これが意外に、すごく心休まります。例えばドアノブをひねってドアを開けるだけの動作に1分ぐらい掛けてみましょう…それはやりすぎかもしれません。

日々の「速さ」にフォーカスしてみましたが、ゆっくりする時間を作るため、食材の買い出しなど面白みのない雑務を二倍速で動いて時短するというのもアリかもしれませんね。

日常にピントを合わせる

これはTHEマイペース人間である私の夫に教えてもらったライフハックです。彼は日曜の夕方にやっている『世界遺産』という、文字通り世界遺産をゆったりと映し出す番組を好んでいるのですが……その番組を観ているときの彼はその世界遺産その場所にいると言うのです。

…訳がわからないですよね。

番組に集中する…というよりは頭を空にしてぼんやりと、画面の中の風景にいるようなイメージのようです。この番組に限らず、昆虫の生態を追う番組の中では彼は昆虫自身になっており、話題の飲食店を紹介するときは画面に映し出されたホットケーキの上にいるのだそうです。(ちいさいおっさんか!?)

おそらくですが、その瞬間、余計なことはすべて頭から排除してひとつのことだけを味わっているのだ思います。まるでカメラの単焦点レンズのように、背景はぼかして撮影対象の魅力をいきいきと写し出すようなイメージでしょうか。

また、私が焦りでいっぱいいっぱいになっていたときに教えてもらった心落ち着かせる方法というのが、時計の秒針を一分間みつめるというもの。効果は…よかったら実際にやってみてくださいね。

体の器官にもお暇をあげる

何気なく浴び続けている刺激に、知らないうちに消耗させられていることもあります。視覚、嗅覚、聴覚、味覚など、それぞれの器官が刺激を受け続けると、休んでいるつもりでも実は働きっぱなしの状態になっていることがあります。

スマホに例えると、使っていないアプリが裏で立ち上げっぱなしになっていて、知らないうちにバッテリーが消耗しているのと似ています。

そこで、例えばこんなことで日常の中のノイズを排除できるのではないでしょうか。

  • 何気なくつけたままのテレビを消す
  • 部屋を見回して気になる部分だけ片付ける
  • 口さみしくて食べてしまうお菓子を消化のいいものにする
  • 照明の明るさを一段階ひかえめにする
  • 話すのを休んで沈黙を楽しんでみる
  • 音楽を歌詞や声のないものにする

などなど。まいにち休みなく働いてくれている感覚器官にも、おやすみをあげてみましょう。きっと心落ち着くと思います。

自分の心への水やりを忘れない

最後に伝えたいのは、とても大切なことながら日ごろ忘れがちなことです。友人関係を保つのって、植物を枯らさないように水をあげることと似ているなぁと思うのですが、自分との関係はどうでしょうか。周囲にお水をあげることでいっぱいいっぱいになって、自分のことをないがしろにしていないでしょうか。

『なにが君のしあわせ?』

これはアンパンマンの歌詞の中にありましたね。幸せ…つまりは何に自分が喜びを感じるか。この世の中は「これこそが幸せだ」と、まるでそれが誰しもの正解かのように「幸せ」のお手本がクローズアップされていますが、それこそが混乱を極める諸悪の根源…って言ったら言い過ぎか。

「幸せ」なんて言うとテーマが大きすぎますが、プーさんみたいになんにもしない時間が好きだとか、湯船に浸かる瞬間が好きだなとか、本当に小さなことでも、嬉しい気持ちになることがなにかあると思います。是非、そんな小さな幸せほど、大事に大事に死守していきましょうね。コスパがいいので。

まとめ

体の疲れは心の疲れ、また心の疲れは体の疲れに繋がります。限界が来る前に、いつもケアを忘れないように気をつけましょうね…お互い。

植物に水をやるように、自分の体や心にも、毎日水やりができたらいいですよね。

そういう私はもっぱら植物を枯らす女ですが…

ではでは!

この記事もいかがですか?